本文へ移動
こちらのリンク先で
当薬局が紹介されています
2024年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
株式会社弘前市薬剤師薬局
〒036-8186
青森県弘前市大字富田三丁目14-1
TEL:0172-32-9188
FAX:0172-38-5951

弘前市薬剤師薬局 津軽
〒036-8004
青森県弘前市大町三丁目10-5
TEL:0172-31-3636
FAX:0172-31-3638


スタッフブログ

スタッフブログ

大学での講義

2023-10-10
kougi
今年で3回目となりますが、青森大学薬学部の2年生を対象に講義をする機会を得ました。
テーマは「次世代を担う人材の育成」ということで、これからも求められる薬剤師像として資格の話をしました。
津軽店での資格例としては「呼吸ケア指導士」と「アレルギー疾患療養指導士」があります。

目的
呼吸ケア指導士:目的は、呼吸障害をもつ人々の継続的ケアをチーム医療の中で実践するべく、呼吸ケアに関する最新の基礎的知識と臨床的技術を取得して、地域において指導的な役割を担っていける人材を認定し支援していくシステムです。
参考 http://www.jsrcr.jp/


アレルギー疾患療養指導士:喘息やアトピー性皮膚炎などアレルギー疾患の治療や管理に関する専門知識を有し、患者さんや家族への指導スキルを兼ね備えたコメディカルスタッフです。
必ずしもアレルギーが専門ではない医師と協調してチーム診療を行うことにより、標準的で良質なアレルギー医療を国民に提供する資格です。
参考 https://caiweb.jp/

資格を持つことはチームの一員として他職種とコミュニケーションとる機会が増え、モチベーションも上がります。取得して終わりではなく、医療の質の向上に貢献し、継続し続けることが重要であると伝えました。

薬剤師 加藤
TOPへ戻る