本文へ移動
0
5
2
5
3
2
こちらのリンク先で当薬局が紹介されています

スタッフブログ

スタッフブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和2年 仕事始め

2020-01-07
あけましておめでとうございます
昨年はご愛顧いただき誠にありがとうございました
本年もどうぞよろしくお願いいたします
 
昨日が仕事始めの方も多かったと思います。
当社も昨日が仕事始めですが、年中無休の津軽店は年末年始も毎日営業していました。
昨年12月から流行し始めたインフルエンザの流行のピークは年末年始になるとの噂がありましたが・・・
本当に今回の年末年始は、インフルエンザの患者様が本当に多かった汗
年末年始はほとんどの薬局がお休みなので、年中無休の津軽店が混むのは例年のとこで、対応できるように職員数も配置してたのですが・・・
今回は連日予想を超える患者数3つのびっくりマーク(吹き出し)急きょ職員を増員するなどして対応しました。
家族5人同時にインフルエンザで受診している方もいれば、年末に受診した方の家族が年明けにインフルエンザに感染していたり汗
インフルエンザで寝込んだり、家族の看病で年末年始が終わってしまった方も多かったと思います。
まだまだ流行は続いていますので、しっかり予防に努めましょう赤いびっくりマーク

株主総会&懇親会

2019-12-11
今年はインフルエンザの流行が早いですね汗
今月に入ってから、夜間休日の患者数が急増しています。
学級閉鎖になっている地区も多くなっていますね。
そんな流行に我が家も乗ってしまいました…娘がインフルAに水滴
2回目の予防接種を予約していた日の早朝から急に高熱が出ました。
グッタリしている娘を見ると、もう少し早く予防接種をやっておけばよかったと後悔水滴
まだまだ流行は続くと思いますので、皆さん手洗いうがいをしっかりやって、予防に努めましょう!
我が家も感染拡大しないように気をつけなきゃまいった顔
 
話は変わって…株主総会&懇親会を先日開催しました。
たくさんの株主様にもご参加いただき、毎年恒例のビンゴゲームは大盛り上がりメガホン
HP管理者Sは、毎年悩みながら(ほぼ独断で)景品を用意していますが…
なんで自分には当たらないんでしょうか???
なんでいつも当たる人には当たるんでしょうか???
来年こそは当たってほしい!!と毎年願っています涙がお

日本呼吸ケアリハビリテーション学会

2019-12-04
日本呼吸ケアリハビリテーション学会
2019年11月10日、11、12日、日本呼吸ケアリハビリテーション学会に参加してきました。
10日はスキルアップセミナーのファシリテーターを、12日はワークショップでの発表でしたが、無事役目を終えほっとしております。
今回も多くの気づきがあったので、当薬局や地域に還元してまいりたいと思います。
 
薬剤師 加藤

土手町店を閉局しました

2019-12-01
最近気温が急激に下がり、雪も降り始め、本格的な冬に突入してしまいましたねてるてる坊主
今年はインフルエンザの流行が1か月ほど早いというニュースを耳にしていましたが、こちらでもすでに流行している地域もあるようです。
12月はイベントも多く、多数の人が集まる機会も多くなるので、インフルエンザも一気に流行してしまいます。
手洗いうがいはもちろん、外出時はマスクをするなどインフルエンザ予防に努め、元気に過ごしましょう!
 
 
誠に勝手ながら、弘前市薬剤師薬局土手町は11月30日付で閉局いたしました。
開局してから39年間、多くの皆様にご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。
土手町店をご利用していただいている患者様には大変ご不便をおかけしますが、弘前市立病院裏にあります弘前市薬剤師薬局津軽はこれまで通り営業しておりますので、今後はぜひそちらをご利用していただきたくお願い申し上げます。
土手町店でお受け取りになりましたお薬に関するお問い合わせなども、弘前市薬剤師薬局津軽(0172-31-3636)にお問い合わせください。
土手町店で勤務していた職員も津軽店におりますので、お気軽にご利用ください。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
弘前市薬剤師薬局土手町
職員一同
津軽店のご案内(拡大してご覧ください)

生活支援サービス拡充広域会議

2019-10-31
生活支援サービス拡充広域会議
2019年10月30日(水)生活支援サービス拡充広域会議に参加してきました。
午前の部は「地域ケア会議とケアプラン点検における専門職の役割と有効な助言とは」を青森県薬剤師会の木村会長から、
午後の部は「地域ケア推進会議の実践と振り返り」を青森県介護支援専門協会常任理事の木谷先生が講師をしておりました。
これまでも何度かワークショップやファリシテータをしてきましたが、全体的に慣れている方が多く議論が活発でした。
「地域課題を把握→多職種協働で議論→政策形成→市町村レベルの会議へ」
難しいテーマですが、何をしていくべきか、深く考える機会を得ました。すぐに実践とまではいきませんが、多職種と協働する
方向性は間違いないため、今後も積極的に研修をしていきたいと思います。
 
薬剤師 加藤
株式会社弘前市薬剤師薬局
〒036-8186
青森県弘前市大字富田三丁目14-1
TEL:0172-32-9188
FAX:0172-38-5951

弘前市薬剤師薬局 津軽
〒036-8004
青森県弘前市大町三丁目10-5
TEL:0172-31-3636
FAX:0172-31-3638